所長あいさつ

人間科学研究所所長 松原洋子

 立命館大学人間科学研究所は、「対人援助」(Human Service)に関する研究と実践を中核的課題とし、基礎と応用、理論および実験と実践、そして心理・教育・哲学・歴史・社会・福祉といった既存学範(ディシプリン)の垣根を超えて、ひろく人間と社会に関わる総合的・学際的研究を行っています。

 2000年の設置以来、本研究所は産学官および民間団体と連携しながら、様々な地域や実践者と協働してさまざまな活動を精力的にすすめてきました。学内外の研究者だけでなく、大学院生、学部生、中学・高校の教諭、福祉専門職などの実践者が参加する多くの研究プロジェクトが展開されています。また、トレーニングルームや社会臨床実習室など、特徴ある設備を活用した研究も行っています。

 2013年度からは、これまでの研究実績や人的ネットワークを活かし、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業を受けた全所的プロジェクト「インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究」というプロジェクトを新たに開始いたしました。これは、インクルーシブ社会に向けたさまざまな実践と研究を意識的に結び付けていこうとする新しい研究プロジェクトです。 

 さらに、当研究所では、各種の研究プロジェクトのプラットフォームを与える役割を果たしてきました。具体的には、多国語による研究発信、学外者を査読者とする厳正な編集作業による研究誌『立命館人間科学研究』の発行とオンラインでの公開、新しい理念に基づく「人を対象とする研究倫理審査」のための組織・制度設計の提案、そして参加者や研究者を守る保険制度の提言などが挙げられます。

 大規模な災害、生活の困難、介護、子育て、教育、就労、紛争といったさまざまな場面で、人間と社会について総合的・学際的な研究を推進し、新しい知識を社会に提供していくことが、いっそう重要な課題となってきています。こうした課題に応えるため、産官学民の社会連携を積極的に推進しています。総合的・学際的研究を社会とつながりつつ推進していく、本研究所の研究プロジェクトや事業に対して、引き続きご理解・ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

歴代研究所長

 2015年度〜
 松原洋子(先端総合学術研究科)
 2011年度〜2014年度  松田亮三(産業社会学部)
 2004年度〜2010年度  望月昭(文学部)
 2002年度〜2003年度  佐藤嘉一(産業社会学部)
 2001年度  松田隆夫(文学部)
 2000年度
 斉藤稔正(文学部)


バナーエリア

ピックアップ

年次総会情報

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針